• 無線LANの通信速度が遅いと感じたら

    無線LANの利用でインターネット接続をしているとき、遅いと感じることはないでしょうか。無線LANでの接続は環境の影響を受けやすいため、通信速度についても周囲の状況で変わってきます。様々な場合について改善できる点を考えていきたいと思います。

    無線LANの速度の情報がてんこ盛りのサイトです。

    まず考えられるのがルーターと子機やパソコンの対応している規格が古いことが考えられます。



    無線LANの規格は現在6種類ありますが、その中で11adと11ac以外の規格は一世代前のもので通信速度が1Gbpsに届きません。



    この場合光通信でインターネットに接続していても十分な速さは得られません。使っているルーターや子機、パソコンがどのような規格に対応しているのかを確認する必要があります。

    次に速度が遅くなる原因として、複数の機器を同時に接続しているため、1台あたりの通信量が減少している場合が考えられます。

    このようなときには、MIMO対応のルーターを使って改善することが考えられます。
    MIMOとは複数のアンテナを持ち同時に複数の電波で子機と交信して通信速度や通信量を向上させるものです。

    特にMU-MIMOと呼ばれる規格は複数の機器との同時接続に対応して速度低下が避けられます。

    また、ルーターと子機やパソコンの距離が遠すぎて電波が届きにくくなっている場合が考えられます。

    この場合ルーターの場所を変えて電波の届きやすい距離に置ければよりのですが、それができない場合には間に中継器を置いて電波の強度を保つこともできます。