• 無線LANと有線LANに速度の違いが存在するか

    無線LANはスマートフォン・タブレット向けのサービスで、有線ケーブルを介することなく、インターネットに接続できる方法となります。



    無線の電波が届く範囲であれば場所を問わずにネット接続を行うことができるメリットもあり、近年は通信速度の課題もクリアすることになり、アクセスがしやすくなります。
    しかし無線LANでも通信速度の問題も解消されてきますが、それでも現在では有線LANには確実的に劣り、しかも安定性も見られる点での違いが生じます。
    また建物の素材の課題も存在し、鉄筋の建物であったり電波干渉を行う機器が存在する場合、その影響を受けて不安定な状態になることも多いです。


    一方では近年はWifiスポットの拡充や高性能機器のルーターが登場し、無線LANが最先端を行く機器になります。


    そのため有線LANは従来の接続方式で、進化していないイメージが存在しますが、モデムよりケーブルを引いてきて繋がることは安定性が存在します。



    しかも速度が出る他に、セキュリティ面においても安心できるメリットが存在します。
    ただケーブルを介するという物理的な壁が存在するのも事実で、繋げているPC端末の性能面に左右される場合もあります。



    理論上ではギガ単位の速度を可能とするサービスが登場しますが、実際に計測を行うとその半分以下の速度に収まってしまうというケースも見られます。
    無線LANの技術も向上し、有線LANとは若干の速さの違いが見られるだけで、ほとんど変わらないという場合もあります。