• 無線LANと有線LANの比較

    LANは一定の範囲内でインターネット回線と端末の接続を行うためのネットワークです。

    無線LANの比較が一般的になってきました。

    建物に引き込まれた光回線などのケーブルとルーターと端末を接続する際、ルーターと端末の間をつなぐ方法として、ルーターから電波を飛ばす無線方式とケーブルでつなぐ有線方式があります。

    前者は無線LANと呼ばれ、端末をルーターにつなぐ必要がないため電波が届く範囲内であれば、端末を携帯し移動することができます。無線と有線の違いを比較しながらメリットとデメリットを見ていきます。
    無線LANの気になる点は、電波が壁や電磁波などに干渉しつながりにくくなる場合があることです。
    電波の帯域を選ぶことでこのような問題を避けることもできます。

    そして、大容量の情報を受け渡しする際に、ルーターの仕様によって無線LANでは通信速度が遅くなることがあります。

    つながりにくく、通信速度が遅くなる現象を解決するには、ケーブルでルーターと端末をつなぐ有線LANのほうが、無線LANと比較してつながりやすく速く通信できます。

    LANケーブルは生活に応じて最適な長さが市販されていますので、無線方式がうまく接続されないといった時など予備として持っていると役立ちます。無線LANと有線LANを比較をすると、一長一短です。
    有線LANは、端末にケーブルを接続するための端子が必要になりますので、スマートフォン、電子書籍端末、タブレット端末など薄くて携帯することが前提に作られた端末には接続端子がないことも少なくありません。

    それに、上述の帯域を選べない端末もあります。



    使用する機器の特徴を把握し接続できるLANを選択できるようにネットワーク環境を整えましょう。