Skip to content

Google Maps APIsによるサービスの構築

GoogleMapsAPIsは、地図情報を取得したり、地図上にマーカーを置いたりする事が出来る機能などをプログラムの中に組み込む事が出来るライブラリです。GoogleMapsAPIsを使ったWebサービスを展開する企業は非常に多く、単純な使い方としては、Webサイトに店舗や支社などのアクセス情報を視覚的に理解出来るようにする手段です。GoogleMapsAPIsを使えば、企業のアイデアを効率的に実現出来ます。GoogleMapsAPIsを使ったサービスを構築していく際には、企業の顧客がどのような機能やサービスを望んでいるのかをリサーチしてから開発を進めていくのが良いです。

顧客のニーズに合っていないサービスを作って運用しても、企業が利益を得る事が難しくなる可能性があるからです。多くの顧客がよく利用するのは、店舗などのアクセスするまでの地図です。顧客のニーズに応え、より便利なサービスを提供する方法として、ナビゲーションシステムがあります。ルート検索などをGoogleMapsAPIsで用意しておけば、顧客は必要な情報を企業のWebサービスやスマートフォンアプリなどで確認する事ができ、利用したいサービスを効率的に使えます。

ストリートビューを活用すれば、写真によって周辺にどのような建物があるかなど目印を事前に探しておくといった事も行えるでしょう。オンラインサービスは情報の検索や情報の提供が主ですので、APIを使う事で一から機能を作らなくてもサービスの提供がし易くなります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です