Skip to content

GoogleMapsAPIsの基本的な知識について

GoogleMapsAPIsとは、簡単に言えばGoogle提供の地図検索サービスを、ホームページやブログに導入出来る仕組み、サービスです。特徴は、ほぼ無料である事、導入した地図情報を独自にカスタマイズし、アプリケーションとして使える事です。利用者の多くはジャバスクリプトを用いてGoogleMapsAPIsをカスタマイズし、自分のサイトにマッチした地図アプリケーションとして使っています。以前までの地図検索アプリケーションの多くは、導入による費用が高額、自サイトへ直接貼り付けられない事などがネックでしたが、GoogleMapsAPIsの登場により、これら問題が解決され、個人や企業が簡単に地図情報を自社サイトへ導入する事が可能となりました。

用途として多いのは、飲食系サイト、医院紹介サイトなどで訪問するユーザーに対し、サイト内で必要な位置情報を提供するといった使われ方です。近年、個人、企業共に実店舗のみの経営は少なくなり、インターネット上による顧客獲得にも力をいれている傾向にあります。こういった時、地図検索サービスを導入し、ユーザーに位置情報を明確にアピール出来るサービスは、潜在顧客に対し非常に有効と考えられます。GoogleMapsをただ自サイトに貼り付けるといった簡単な方法なら、ジャバスクリプトの知識は不要です。

埋め込みコードをホームページやブログに貼り付けるのみでOKです。ジャバスクリプトを用いた使い方では、APIキーを取得する必要があります。導入の際には、まずAPIキーを取得する為、事前にアカウントを作成しておきましょう。商用サイトを運営しており、位置情報が潜在顧客に対しアピールとなる場合、必ず導入しておきたいサービスと言えます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です