Skip to content

Googleの地図にMapsAPIsを組み込む

店舗や会社のブログやホームページには地図が採用されることが多いです。店舗や会社を場所を閲覧者に知らせるため、また周辺施設の情報を知らせるためなど、多くの情報を伝えることが出来ます。そんな地図ですが、現在最も採用されているのはGoogleが提供する地図です。他の地図に比べわかりやすく目的地を瞬時に把握することが出来ます。

もちろん周辺施設の情報もたくさん載っているため正確な情報を伝えやすいところがあります。実はこのGoogleが提供する地図はMapsAPIsと呼ばれる仕組みを利用することで、自由にカスタマイズが行えます。例えば、地図上の特定の場所に画像を表示させたり、特定の場所の緯度経度を瞬時に調べたり、そういったカスタマイズを簡単に出来たりします。MapsAPIsは基本的に無料で使用することが出来ますが、多少のプログラミング知識は必要になります。

2週間程度の学習が必要になりますが、そこまで難しい内容のものではありませんので、MapsAPIsを利用する前に勉強しておくと良いでしょう。なお、この仕組みをプログラムの中に組み込むためには、特定のキーワードが必要になります。このキーワードについては公式ホームページ等に記載があるのでそれを参考にすると良いです。Googleが提供する智頭はそのままでも十分に活用することが出来ますが、カスタマイズすることでより多くの情報を閲覧者に伝えることが出来るようになります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です