Skip to content

SEO対策の効果は時間をかけることで高くなる

基本的に、SEO対策は短期的に行っていくものではありません。これは、短期でSEO対策を行ってしまうと検索エンジンからスパムなどの迷惑行為に該当するものだと判断される可能性があるからです。そもそも、SEOは検索エンジンが公式に許可している手段であるため、ルールを守って実践していかなくてはならない側面があります。こういった厳格なルールが作られているのは、過去に何度も悪質な行為によって検索エンジンの健全性が阻害されたからに他なりません。

短期的にSEO対策の効果が発揮できるとなると、悪質な手段を利用することによってサイトの順位を大幅に向上させるユーザーが現れます。実際に合った手段では、クロスリンクやリンクファームなどを利用した対策です。自分で同じサイトを何個も作り、リンクを踏ませることによって疑似的にユーザーが集まっているサイトであると誤認させるようにしていました。しかし、こういった手法を利用すると、本当に中身の存在するサイトの順位が大きく下げられてしまうことになります。

そこで、検索エンジンは健全なSEO対策を行っているサイトのみを認めることにして、不正な手段を使っているサイトに関してはペナルティを与えることにしました。その代表的なものに、短期でのSEO対策の詰込みが挙げられます。現在の検索エンジンは、緩やかに効果を発揮する対策を好んで評価する傾向がありますので、その点に気を付けながら手段を講じなくてはいけません。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です