Skip to content

SEO対策にキーワード出現率は必要か

SEO対策でよくいわれるものに、キーワードの出現率というものがあります。コンテンツ内のすべての単語に対して、どれくらいの割合でキーワードが使われているかという話です。昔はキーワードは1記事に何個使うといいとか、5%くらい入れておくといいというようなことがいわれていましたが、今ではそういう明確な基準は特にないと考えられています。キーワードを使う回数は気にしないで、自分の書きたいように記事を書いた方がいいかもしれません。

だいたいあまり強引にキーワードを詰め込むと、文章が不自然になってしまい、SEO対策としては逆効果になる恐れもあります。だからといって、まったくキーワードを詰め込むなというわけではありません。特定のキーワードで上位表示を狙うなら、やはりそのキーワードを少しは入れておいた方がいいです。とくにタイトルや見出しあたりには埋め込んでおきたいところです。

それから、文章のボリュームを増やすこともSEO対策には大事でしょう。特定のキーワードだけを埋め込むよりも、文章量を増やして、そのキーワードに関連するような単語もどんどん使っていくと、上位表示されやすくなる傾向があるとされているので、文章のボリュームを増やすことを怠ってはいけません。もちろんちゃんと意味の通った文章を書くことが大事です。文章を書くのが面倒だからといって、プログラムで自動生成したり、他人の書いたものをコピーしてきたりするとペナルティを受ける可能性があります。

SEO対策のことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です