Skip to content

円高のときは海外の会社でドメイン取得をしよう

ドメインは海外の会社で取得することも可能です。国内ではなく、海外の会社でドメイン取得するメリットは、円高の場合に国内で取得するよりもお金がかからないというものが挙げられます。ドメインは卸値が決まっていて、リセラー、つまり再販業者によってそれほど値段は変わりません。たとえば、1ドル100円のときに卸値が10ドルであれば日本では安いところだと千数百円で販売されることになります。

しかし、1ドル80円であれば、国内のドメイン販売会社が円高のときと値段を変えなくても、クレジットカードを利用してドルで決済することで海外のドメイン会社から1000円以下で購入できる可能性があるわけです。これを利用すると、円高ドル安のときには日本からドル建てで購入し、円安ドル高のときは日本で購入することによって、常に最安値でドメイン取得が可能になるわけです。ただ、一年ごとに決済するのは効率が悪いので、円高のときは長期契約でドメイン取得をするのがいいでしょう。基本的に最長10年分の利用権利を購入することができるので、1ドル80円のときに1年10ドルのドメインを10年分購入すれば、10年間で8000円で済みます。

もし、日本での売価が1500円だとして、10年間、常に日本円で決済したら15000円かかる可能性があるわけです。なので、可能性としてはその半値程度の支払いで済むので、非常にお得にドメインを維持することができます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です