Skip to content

ドメイン取得の際に嘘の住所で申請するとまずい理由

ドメイン取得の際は、契約者の本名と住所を記入することになりますが、それが嫌なので偽名や嘘の住所を書いておくるということは可能なのでしょうか。まず、基本的にどのトップレベルドメインでも本名と住所は必要な情報として記載しなければなりませんが、それをどれぐらい厳密に確認してくるのかというのは、トップレベルドメインの管理会社によって変わってきます。個人でも利用できるcomやnetの場合などのドメイン取得を行う場合、取得の際に住民票や身分証明書のコピーなどを要求されることはないので、偽名を使っても登録自体は問題なく可能です。ただ、近年、ドメインの信用度を上げるために嘘の住所についてはかなり厳密にチェックしてくるところが多いです。

トップレベルドメインの管理を行っているのはほとんどが海外の運営団体や会社ですが、日本国内の住所であっても、存在しない住所は看破してきます。では、もし登録した住所が存在しないものだということが管理団体にばれてしまったらどうなるのかというと、ドメインが凍結されてしまいます。つまり、そのドメインではウェブサイトにアクセスできなくなってしまうわけです。そういったことにならないように、必ず実際の住所を登録するようにしましょう。

それはどうしても困るという場合は、登録住所の置き換えサービスを使いましょう。その場合でも、ドメイン販売会社に対してはドメイン取得の際に本物の住所を通知しなければなりませんが、ドメイン所有者の住所として表に出るのは、置き換えられた住所なので、自分の住所がネット上でさらされる心配はなくなります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です